美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
地球再生計画コラム
パーマ液、毛染め剤は除草剤に近い猛毒である
パーマ液には?液と?液があり?液は毛髪の癖を取り、?液は髪型を固定する薬である。髪の癖を取るということはある意味で髪の細胞を破壊するという意味である。この髪の細胞を破壊するのに用いられる化学物質は除草剤の成分とよく似ているということを発見しました。

髪は地上に生えている雑草とよく似ているわけで頭に生えた生きた植物細胞と同じと考えられます。まっすぐに伸びようとする髪の毛の性質を殺してしまうわけですから恐ろしい毒性のある化学物質に違いありません。

美容室でパーマ液の廃液を庭の草にかけると枯れてしまうという話を聞いたことがあります。このことからパーマ液は除草剤の成分に近いということの確信を得ました。

実際にOリングテストによってその毒性を測定してみました。ベトナム戦争で使われたと同じくらいの猛毒の除草剤がホームセンターでも堂々と市販されていますが、その除草剤の遅発性の毒性の約800分の1の毒性があるパーマ液であることがわかりました。

虫が簡単に死ぬ殺虫剤の50万倍の毒性の猛毒除草剤の800分の1ですから殺虫剤の約600倍の毒性のものであるということがわかります。頭に殺虫剤の600倍もある毒性の除草剤に近い化学物質をふりかけていたらどんなことになるか想像してみてください。

髪がパサパサになるだけでなく、体内にも深刻な影響を与えます。毛染め剤も除草剤の3,000分の1ほどの毒性があることがわかりました。黒い髪の上から着色だけするものはそれほど害はありませんがいったん脱色して染める場合の脱色剤はやはり毛髪の細胞を破壊していることになります。この毛髪の細胞の破壊に使われるのはやはり除草剤と似た化学物質です。芸能界やスポーツ界には金髪に染めた若い人がたくさん出ていますがあの金髪に染めるにはいったん脱色しなければなりません。染めてもまた下から黒い毛が生えてきますので度々染める必要があります。こんなことを繰り返していたら大変なことになります。

パーマをかけている方や髪を染めている方はご注意下さい。パーマ液や毛染め剤よりも除草剤ダイオキシンの濃縮された魚介類を食べることがはるかに肝臓をダメにしていくのです。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.