美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
難聴の原因も自然塩のニガリの凝固作用が原因
全国にいる難聴の人が600万人とも言われているのです。あなたの両親や家族や周りに耳が聞こえにくい人をよく見かけると思います。それほど難聴者の方がとても増えているのです。そしてその根本原因はいまだに分からない状態です。

まず耳から音が伝わる構造から説明してみましょう。

外耳から入った音は鼓膜を振るわせます。この振動が中耳の3つの小さな骨ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨をふるわせて、内耳に振動を伝えます。内耳の中にはカタツムリの殻の様な形をした蝸牛があり、その中には有毛細胞がびっしりと生えています。その振動は内耳の中の液体を振るわせ、内耳の中にある感覚細胞を刺激します。その細胞は音を電気信号に変換をして神経に伝える働きを持っています。それで音が伝わります。

聴覚障害は、耳の構造のうちの外耳、中耳、内耳のいずれかに障害があるために、きこえが悪くなる感覚障害です。多くは慢性的な障害で、その場合治癒することは難しい障害と言われています。

自然塩、天然塩に多量に含むニガリの凝固作用で腎臓や肝臓、心臓、肺、筋肉、血管まで身体のあらゆる部分が硬化していくことは既に前号でお話し致しました。そして、それが冷え性の原因になっていることを理解して頂けたと思います。

聴覚障害は、外耳、中耳、内耳のいずれかに障害が起こるためと言われていますがこの外耳から鼓膜、中耳のツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨などの空気振動を機械的に伝える部分(伝音系)も蛋白質でできており、内耳は音という物理的振動を電気的信号に変換する器官であり、ここで発生した神経のインパルスが大脳皮質の聴覚領野まで達してはじめて音や言葉が認識される訳ですがこれら神経細胞までも全て蛋白質で出来ているため、ニガリの凝固作用で硬化して機能が低下していくのです。

医学書にも 耳硬化症と言う病名があります。
中耳にあるあぶみ骨が周囲の骨と固まって動きにくくなるものであぶみ骨の働きは前庭窓を介して内耳に達し、音波の骨伝導を行う。簡単に言うと、鼓膜から伝わった音(振動)をかたつむりの形を器官に伝える役目をする骨です。

あらゆる骨の中心には骨髄があります。骨髄は蛋白質で出来ているため自然塩のニガリの凝固作用で少しづつ硬化していくのです。体内のあらゆる骨の骨髄がニガリで硬化していくのです。

まさか、耳の鼓膜や中耳の中の骨、神経細胞まで硬化するとは誰が考えるでしょうか。医学界では自然塩のニガリの害は一切研究されていませんから、考えることも出来ないでしょう。

腎不全などの方で長く人工透析を続けている方に難聴が多いということは医学界でも知られています。

難聴の根本原因は老化などが原因ではありません。自然塩のニガリの凝固作用で腎臓硬化による腎不全、鼓膜の硬化、神経細胞の硬化、アブミ骨などの硬化、内耳血管の硬化などが総合して起こる病気なのです。

最近、突発性難聴になる方が増えています。
健康で耳の病気を経験したことのない人が、明らかな原因もなく、あるとき突然に 耳が聞こえなくなる病気をいいます。突発性難聴の原因は医学界では分っていません。現在推定されて いる原因のうち最も有力な2つの説はウィルス感染説と内耳循環障害説ですが内耳血管の痙攣や塞栓、血栓、出血などによる循環障害は突発性難聴の突然の発症の原因であるとして治療で血管拡張剤、抗凝固剤などの循環を改善する薬剤がし ばしば有効であると報告されているのです。

内耳血管の凝固を防ぐ薬剤が使用されているのです。これで応急的に難聴の症状が治る場合があるのでしょう。しかし、これは一時的な処置にすぎません。
なぜ内耳血管が凝固するのか?原因不明とされています。

まさか、私たちが毎日食べている味噌、醤油、漬物、梅干など塩が原因だとは誰が考えるでしょうか。思いもつかないことではないでしょうか。

このように自然塩のニガリの凝固作用は私達の身体の隅々まで徐々に硬化させていくということをよく理解して食用の塩、味噌、醤油の間違いを正していかないと大変なことになるということを知ってほしいのです。

大学病院などでこの自然塩、天然塩のニガリの害の問題を一日も早く研究して下さる事を切に願うものです。そうしないと自然塩から作った味噌、醤油から塩分の80%を摂っている日本人はみんな、腎臓の障害から始まり他の内臓や体のあちこちが硬化して機能低下していくという厳然たる事実があるのです。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.