美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
電子レンジ調理の食品は体に害があるというのは間違い
-------------------------------------------------------------------------電子レンジは電磁波が出ているので良くないと言われていますが大間違いです。
携帯電話、電気製品から出る電磁波の害はあまりにも微少な害でほぼゼロに近いものであることは以前のメールマガジンで説明いたしました。携帯電話を使うと脳腫瘍ができるとか過激な宣伝で電磁波防止グッズを販売しているところが多いのですが、事実は全く無害に近いものです。

さて今回は電子レンジについてですが、自然塩、玄米菜食の自然派の人達は電子レンジによる調理は強く否定しています。その理由は下記のようなものです。

【 ★  自然食派、自然派の人達の電子レンジ否定の理由について  】

電子レンジは、マイクロ波、超短波です。超短波というのは、一秒間にプラスマイナスが約60万回、いったりきたりして入れ換わるというエネルギーです。ですから、食品にマイクロ波をあてますと、細胞の中でいったりきたりする激しい動きがおこり、その摩擦によって自分の身体の中に熱を発生します。中から煮えてくるという感じです。
細胞の中に、人為的に外部からの強力な摩擦によって生じた熱ですから、逆に細胞の中にあるエネルギーを放出してしまい、もっているエネルギーバランスが崩れてしまうのです。食べ物の価値はエネルギーですから、これが壊れてしまうということは、健康的に悪い食べ物になってしまうという理論です。
薪とかガスで煮るということは、細胞のエネルギーがより高められるのですが、電子レンジの場合は、全く逆になってしまうのです。電子レンジで調理したものを食べても、私たちの細胞のエネルギーバランスは高まらないというのです。 

■私もこれを信じて20年近く電子レンジを否定して、ガスで鉄鍋や土鍋での調理に徹底してきました。あるときOリングテストでこのことを確かめてみたのです。
とても電子レンジが良いとは信じられないので何度も何度も確認しました。
何度テストしても電子レンジが悪いとは出ないのです。理論では間違いなく電子レンジの熱は不自然で納得がいかなかったのです。

■同じ条件で50年間、市販の食材を毎日2分間を5回、合計10分間電子レンジで調理した場合と、使わない場合、どちらが長寿になるかという比較Oリングテストです。50年間で電子レンジを使用した方が約半年ほど長寿になるという驚くべき逆転データでした。

■その理由をOリングテストで探ってみたのです。

1秒間に60万回の超音波の摩擦熱であらゆる食品に残留している除草剤の毒性がある程度分解されることと、超音波によって食材が超微粒子になり吸収が良くなるのではないかと推察されます。
このように電子レンジは害があるどころか、寿命を伸ばす効果まであることが分かりびっくりしているところです。世の中の常識はいったん疑って見ると面白い答えが出てくるのです。

■電子レンジでの調理で毒素を分解し、長寿にはなっても味も分解されますから味覚は少し落ちると思って下さい。本当に美味しいのは有機無農薬の食材でマキや炭火で鉄鍋、土鍋で調理したものは味は格別です。 しかし、完全な無農薬のものばかり食べるのは大変です。特に日本人の好きなマグロには農薬使用野菜の約600京倍の除草剤ダイオキシンが残留していて、無農薬はないので電子レンジは料理により使用した方が良いということになり、むしろ必需品と言える物でしょう。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.