美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
自然塩ブームが日本に腎臓病の人を激増させる!
今、テレビや健康誌、マスコミで自然塩、海の塩のコマーシャルがたくさん出ています。
このようなもっともらしい文句で自然塩や天然塩のことが時々宣伝されています。

★ギネスが認めた世界一の沖縄○○島の自然塩、○○塩は、ミネラルの含有数が世界一であるとギネスブックに認定されました。
○塩とは… ○○島の地下海水を汲み上げて作られたパウダー状の塩。
特殊な製法により、通常の塩づくりでは不要になってしまう「にがり」を捨てることなく、すべて塩にしてしまうため、ミネラル分が豊富に含まれています。

★○塩は、にがりを全て含んだ自然塩ですので、ミネラル成分が多く含まれており、体のミネラルバランスを整えるのに大きな役割を果たします。しかも従来の製塩方法とは違う新しい製法により、苦みを感じさせない旨みを引き出しています。
○塩は、マグネシウムの含有量が非常に多いのが特徴です。マグネシウムはカルシウムと並ぶ必要ミネラルの代表格で、体内の酵素の働きを活性化する働きの他、高血圧症・高脂血症・糖尿病・骨粗鬆症の予防効果があります。

★塩は、海水中のミネラル成分をそのまま固形化したピュアな自然塩です。人為的な味の調整などは一切行なっておりませんので、塩辛さだけではない本物の味をお楽しみいただけます。

★常温製塩法は、火を使わず、又電気分解法等の人工的製法ではなく自然の原理を利用した自然製塩法です。風の強い日、海上で発生する泡=「潮の花」、これが自然にできる最も良質な塩と言われています。この自然の作用にヒントを得て考えられたのが常温製法であり、国際特許の技術です。

★天日原塩で造った濃縮塩水を沖縄の珊瑚石を敷きつめた特殊な濾過装置の水槽で濾過熟成させ、この濃縮塩水で再度天日塩を溶解させエアーブローリングで泡立てながら再結晶させます。

★火力で炊く、電気分解する等の人為的な手を加えず自然の原理を用いた製塩法です。

★ニガリ調整など人為的方法を行わないため、自然塩の成分がそのまま生かされ、味もまろやかな自然塩が出来上がります。

★海洋深層水から生まれた天然の塩
日常に欠かせない塩。人間は塩分を取らないと死に至ります。その大切な塩を今、話題の海洋深層水から採りだしたのがこの「○○」です。高知県室戸沖は「大陸棚」と呼ばれる特殊な地形で、深層水が深さ344メートルから取水する事が出来ます。 その海水からじっくり時間をかけて出来上がったの塩がこの「○○」なのです。

★自然の太陽熱で結晶した天日塩を沖縄の海水およびミネラルウォーターにもどして濃塩水を造り、これを桶に入れてじっくり熟成させる「○○法」を開発(国際特許取得済み)。この製法だと、火にかけないから、海水中のミネラルが塩の中にそのまま残ってくれるんです。「○○」は、従来の自然塩にくらべて、ミネラル分が多くて、しかも沖縄の珊瑚のカルシウム分もたくさん含んでいるのです。

★至福の塩『○○』は、人間にとって必要な微量ミネラルを14種類も含んでいます。このような自然塩はほかにありません。
一般的な精製塩は100%塩化ナトリウムという化学物質であって、これを塩と呼んでは海に失礼です。このような科学物質を料理に使っては台無しです。
また、最近はいろんな自然塩が売り出されていますが、ブラジルやオーストラリアで精製された天日塩を輸入して日本で加工したものがほとんどです。
天日塩はいかにも潮の成分がそのまま入っているようですが、製塩の過程でミネラルの結晶どうしが固まり最後まで濃縮された底の水のなかに溶けたまま残ります。
釜で煮る方法でも、同様の結果となり、塩とミネラル分が分離されてしまいます。
どちらの製法でも、肝心のミネラルは塩の中には入っていないのです。
一方、「○○」は潮を空中に霧状に吹き上げて水分を気化させるために、極めて小さな塩の粒が海の潮の成分構成そのままに結晶化し落下して堆積する自然塩なのです。
ミネラルが瞬間的に空中で結晶化するのです。この「○○法」は世界特許の審査に合格しました。

沖縄の勝連半島の沖に、神々が住むという浜比嘉島があります。
この島の沖合いを流れる黒潮の海水を汲み上げ、細かい霧状にして空中に舞わせます。そして水分がなくなると雪のように降り積もるのです。
それは実に幻想的な風景です。南国沖縄に降り積もる白い結晶、それが自然塩「○○」なのです。

■【 コメント 】

●どんなにキレイな沖縄の海の塩だろうが、汚染されていない海洋深層水の塩だろうが、塩の性質にそれほど変わりはないのです。いかなるところで取れた自然塩、海の塩でも自然塩は寿命を縮める最大原因となるのです。

●ミネラル分が世界一多い塩ほど腎臓を硬化させ世界一短命になる塩ということになります。

●海水を煮詰めたり、電気的な加工をしない自然の製法ほどニガリの凝固作用が強く残り、腎臓を硬化させ短命の原因になる。

●潮を空中に霧状に吹き上げて水分を気化させる製法の塩は極めて小さな塩の粒が海の潮の成分構成そのままに結晶化し落下して堆積する自然塩といいますがこの世界特許の「常温瞬間空中結晶製塩法」は世界一ニガリ分の多い世界一腎臓を硬化していく自然塩ということになります。

●塩辛さだけではない本物の味という自然塩の唄い文句ですが、料理に使うと味が良いのは事実です。しかし、ミネラルがほぼゼロに近い岩塩の料理はまずいかというとそうではありません。味付けは自然のものでいくらでも代用できます。
塩の使命は塩辛さだけで良いのです。その方が腎臓に最もやさしいからです。食材に自然塩だけでうまい味が出ますが、本当の料理のプロは塩以外の調味料で最高の味を作るものです。寿命を縮め腎臓を硬化させてまで自然塩にこだわる理由は何もありません。

● 自然塩のニガリの凝固作用の恐ろしさを知らない方があまりにも多過ぎるのです。
自然塩に多量に含むニガリの凝固作用で腎臓や肝臓、心臓、肺、筋肉、骨髄、血管、細胞、神経まで蛋白質でできている身体のあらゆる部分が硬化していき難聴や冷え症など原因不明の多くの病気の原因にもなっているという事実を認識していて下さい。

●日本人のほぼ全ての人がこの自然塩(原塩ニガリ2.3%)の塩で作った味噌、醤油から約80%の塩分を摂り、腎臓を硬化させ、毒素排泄を鈍らせ色々な体調不良の原因になっていくのです。スーパーなど全ての市販の味噌、醤油は精製塩で作られているものはなく自然塩から作られているのです。

●世の中に万を超える健康法がありますが、何をやっても塩、味噌、醤油をニガリの害のないものに切り替えずにどんな健康法をやっても全く無駄になり意味がなくなっていきます。
●今の自然塩ブームは日本人を昔の40才代の寿命だった頃に逆戻りさせようとしている恐るべき最悪の間違い情報であることを一日も早くたくさんの方に気づいてほしいと思います。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.