美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
オカズの過食が寿命を縮める
ほとんどの日本人はオカズを食べ過ぎているようです。そして毎日食べ過ぎているオカズで色々な病気になり、寿命を縮めています。どれくらいオカズを食べ過ぎているのでしょうか。その適量と現在、自分の食べている量との差に驚かれることでしょう。

禅寺で宿泊したことがありますが、その食事はご飯一膳とほとんど具のない汁とタクアン2切れほどの簡素なものでした。禅寺の修業僧は毎日このような簡素な食事を年中食べ続けているのです。それで肌もツルツルで皆んな元気で長生きしておられるのです。

本来、人間は主食中心のわずかのオカズで生きられるようになっているのです。
ロシア、コーカサス地方の長寿村の人達は365日、毎日、小麦粉と岩塩を混ぜた固焼きのナンとお茶だけのような粗食を食べ続けているというのです。1年に1回ほどお祭りの時に肉を食べるくらいという。これで100才、120才まで長生きして畑仕事をしているのです。この時の塩はもちろんニガリの害のない岩塩です。
岩塩はミネラル不足の病気になる塩ですが腎臓や内臓を硬化させないので長生きはできるのです。もしニガリの多い自然塩、海の塩だったら絶対にこのように長生きはできません。

昔から一汁一菜の精進料理が健康に良いと言われてきました。実際に御飯と味噌汁と漬物の素食を一年中、何十年続けても健康上何ら問題なく、むしろどんどん健康になっていくのです。

では一汁一菜の適量はどのくらいなのでしょうか。毎食白米の御飯2膳、味噌汁一杯、タクアン3切れで、味噌汁の具の量の適量はワカメ3センチ角のもの2枚程度、大根の角切りのもの1センチ角のもの3個、人参1センチ角のもの1個、小松菜の葉2枚程度で十分です。具は考えられないほどの少量で十分なのです。
こんなに少量のオカズで栄養が十分なのか、心配されると思いますが、何の問題もありません。ウソだとお思いでしたら、1ヶ月くらい試してみて下さい。
体調は軽くなり、その変化に驚かれることは間違いありません。
日本人は味噌汁でもたくさんの具を入れます。具だくさんの味噌汁が健康に良いと考えているのです。これでは多過ぎる野菜のアクで寿命を縮める原因になるのです。昔の御坊さん達はどうして具のほとんどない味噌汁を食べていたのか理解できます。多くの体験と直感から理想の具の量を知っていたに違いないのです。

現代の多くの日本の方達はオカズを食べることで食の楽しみを満たしています。
グルメ時代で世界中のどんな食品でもお金さえ出せばいくらでも手に入るのです。
今日は何を食べようか、どんなオカズにしようかと料理の献立に頭を悩ませておられる主婦の方が多いと思います。テーブル一杯に並べられた料理を見てそれをたくさん食べて味わい満足しているのが多くの現代人です。
それら多過ぎるオカズを食べてそのオカズに残留している毒素とアクで寿命を縮めているのです。

御飯と味噌汁だけで十分な栄養が摂れます。蛋白質の肉も卵も魚介類も特に必要ありません。味噌の大豆に含む蛋白質で十分です。カルシウムも2切れのワカメだけで十分です。オカズ代はとても安くて済みます。大根1本、人参1本で1週間から2週間分の味噌汁が作れます。乾燥ワカメ100gもあれば1ヶ月分もあるでしょう。食費の大部分はお米だけです。これで健康になれるのですからずいぶん安上がりで食事の準備も楽です。余分の時間を自分の目的と夢のために使うことができます。

現代栄養学が健康になれる栄養学だと思いますか。とんでもありません。
今の栄養学こそ病気を作っていく元凶になっているのです。
現代栄養学が日本に入ってきたのは戦後、西洋からです。西洋人が食べている塩は岩塩です。岩塩の中には、悪口を言われている精製塩の1000分の1以下のミネラルしかなく、ほとんどミネラルはないくらいの欠陥塩です。塩から摂取できない微量ミネラルを補うために多くのビタミン、ミネラルのサプリメントを摂るようになっています。岩塩に不足している微量ミネラル群を多くのオカズや野菜、牛乳肉類、卵などより摂取しようとして成り立った栄養学です。一つ一つの食品の栄養素を分析して、この食品にはこれだけの栄養素があるから毎日食べる必要があると表示しているのです。そして毎日30種類もの食品をバランスよく摂取しなさい。そうすれば健康になれるというものです。

現代西洋栄養学はミネラルのない岩塩を食べる民族が考えた机上の空論のものなのです。健康になるどころか益々健康を害する栄養学なのです。それを戦後、日本民族は西洋の体の大きい民族を見て右倣えしただけのものなのです。
何ら長期の実験、検証もせずに受け入れました。確かに、肉や卵、牛乳を多く摂ると身体だけは大きくなっていきました。しかし、決して健康になるのでなくガンや心臓病、多くの慢性病、成人病が蔓延していきました。

海の塩から最高のバランスの微量ミネラルが摂れる日本人には全く必要のない栄養学でした。ただ今まで使用してきた塩が全てニガリの多過ぎる自然塩だったためニガリの凝固作用の影響で腎臓病、糖尿病、高血圧、肝硬変、心臓病、難聴など多くの病気が増えてきたのです。最近の自然塩ブームがそれに拍車をかけています。

1食に必要なミネラルは新生塩に含むものに、大根3切れ、人参1切れ、ワカメ2切れ小松菜2枚という極少量でよいのです。季節により摂る野菜は変えて良い訳です。
あるときはナスでもエンドウでもカブでもいいのです。その季節にその地方で獲れるもの数種の野菜で十分です。30種類などとんでもありません。オカズの過食が病気の原因になっていることをよくよく理解して下さい。

食事の時に家族を呼ぶ時に『御飯ですよ!』と呼びます。御飯を食べるのが目的なのです。御飯だけでもよいのです。御飯に塩や醤油をかけて食べるだけでもいいのです。親はもっとオカズを食べなさい、オカズを残さないで食べないと栄養がとれないよ!と戒めます。最近の子供は御飯を食べずにオカズのみ食べる子も多くいます。大人もテーブルに並んでいる多くのオカズを次から次へと箸を伸ばして食べます。残してはもったいないからとキレイに食べ尽くそうとさえしています。
本当に間違った食習慣です。

しかし、先ほどのような素食に耐えられるかという問題だけです。そんな貧しい食事をしてまで長生きしたくない、食を楽しんで食べたい!と言われる方が多いと思います。食の楽しみが人生の大きな部分を占めているような人生観では人生は駄目だと思います。食事をする時間がもったいない、食は人生の目的を果たす為のエネルギーを補給する程度のものだという考えが必要です。もちろん、一家団欒という目的もあります。しかし、オカズをたくさん食べる必要はありません。
たまには思い切り食を楽しみ腹一杯食べるのもいいでしょう。

100才くらいまでかけた地球的目的を果たすために健康で休まず、生涯現役で働く決心がないと自分の食欲をコントロールできないでしょう。夢や目的が小さ過ぎるから自己コントロールができないのです。

腹が減ったら御飯を腹一杯食べて下さい。3杯でも4杯でもいいです。オカズは少なくして、塩辛い漬物をいつも用意しておいて下さい。タクアン2切れで御飯一膳が食べられるくらいの塩辛さでもいいです。佃煮風の非常に塩辛いオカズを1ヶ月分ほど作り冷蔵庫に保管しておけばオカズを作る心配もいりません。
オカズを少なくするには塩分を十分に濃く味付したものを作るしかありません。
御飯と塩さえあればいいのです。味噌、醤油をかけて食べてもよいでしょう。
塩分は好きなだけ摂って下さい。昼の外食はせず、塩ムスビや海苔巻のオニギリ2〜3個と漬物2切れ位で十分です。これで食費は4分の1くらいで済み、益々健康になっていきます。身体は軽く、頭の回転は速くなり、仕事の能率は抜群に上がり肌も非常にキレイになっていきます。毒素を溜め込む現代栄養学の食事におさらばしてみて下さい。快適ですよ!

この御飯と味噌汁の素食が究極の長寿食です。オカズの食べ過ぎにはくれぐれもご注意下さい。オカズは数種類の塩辛いものを一切れづつ食べるくらいが丁度よいのです。オカズは副食といいます。主食にわずか添える程度の量で十分なのです。主食、御飯中心の食事に完全に切り替えて下さい。主食に玄米、発芽玄米等は間違っても食べないで下さい。主食はアクを処理した精白したものでなければ短命の原因になってしまいます。いくら無農薬、無添加でも胚芽入りパンや全粒粉のパンも当然ダメです。

美しく、健康長寿になりたかったら、御飯中心の素食に直ぐに切り替えて下さい。

■【オカズの過食で寿命を縮めている現代人!】

世の中の病気のほとんどがオカズの過食に関係しています。オカズが主食よりも多い人がほとんどです。

オカズの過食はアクを大量に摂ることになり寿命を毎日縮める原因になります。
オカズの過食は内臓、特に肝臓、腎臓に大きな負担をかけます。

お腹が空いたら白いご飯をたくさん食べてエネルギーを補給して下さい。
炭水化物主体のご飯はたくさん食べてもそれほど内臓の負担になりません。
お腹が一杯になるくらいなのです。

白米のご飯1膳と大根、人参、里芋、コンニャクの煮物をお汁茶碗1杯との肝臓、腎臓の負担度合いを比較すると煮物の方がご飯よりも約23倍も負担になるのです。

以下に驚くべきデータが出ています。

●ご飯1膳との肝臓、腎臓の負担度比較
  【日本人が1食で通常に食べるであろうオカズとの比較】

■マグロの中トロご飯茶碗1杯、約150g   約80倍

■焼き鳥 2串        約60倍

■子持ちししゃも  2匹 100g  約50倍

■季節の野菜の天ぷら150g 約40倍

■豆腐 1丁           約20倍

■納豆   1パック 50g    約5倍

■卵焼き卵1個分       約7倍

■白いご飯を何も入れずに
 塩味のチャーハンにした場合 約 5倍

■ふかしたサツマ芋 ご飯茶碗1杯 約 3倍

■大根、人参、里芋、コンニャクの煮物、茶碗1杯 約 23倍

■玄米ご飯   1膳   約 54倍

白いご飯以外のオカズがいかに腎臓や肝臓の負担になっているか分りますか。

ほとんどの方はこれくらいのオカズを食べるのは普通でしょうね。
お酒を飲みながらマグロの刺身を150gや焼き鳥を2串くらいは誰でも食べるでしょう。豆腐1丁を冷やっこで食べるのも、納豆1パック食べるのも普通ですね。
あんなに柔らかいマグロの刺身がご飯の80倍も肝臓、腎臓の負担になるとは驚きでしょう。

玄米ご飯が白米ご飯の54倍も内臓の負担になるとは驚くばかりです。

本来、人間が長寿になる最適の食事は主食中心でオカズは5分の1程度でいいのです。
オカズの量は味噌汁の中に入れた具と別につけるオカズを合計した量です。
味噌汁に具をたくさん入れる方がオカズは別に摂ると更にオカズの過食になります。
ご飯以外の固形物は全てオカズになります。それはご飯の20%ほどの量が最適です。

20%のオカズで茶碗1杯のご飯をたべるにはオカズは塩分の濃いものでなければ『オカズがたりないな!』 と感じます。オカズの塩味が薄いとどうしてもオカズの食べ過ぎになってしまいます。

●オカズの塩味の濃さの目安はあまりにも塩辛いので『ご飯ちょうだい。』とご飯なしでは食べられないくらいの塩辛さです。
オカズはにがりの害のない塩、味噌、醤油を大量に入れて佃煮風に作るのがベストです。この時に入れるものは昆布、ワカメ、野菜、ゴマなどを長時間煮込んで下さい。そして冷蔵庫に入れて保存して下さい。数週間オカズを作る必要がなく毎日、この佃煮と白いご飯だけで十分な栄養が摂れます。
オカズでご飯を食べるのではありません。塩味で食べるのが正しい食べ方です。

ご馳走はたまに食べるものです。正月、お盆、お祭りの時、誕生日の時、結婚式、何かのお祝いの時、どうしても断れないお付き合いの時などです。
ところが今の日本は昔と比較すると毎日がお祭りのような食事をしているのです。

今日の夕食は何にしようか?と毎日、日替わりメニュウでオカズを考え、肝臓、腎臓に負担になり、寿命を縮める原因になるオカズを時間をかけて準備しているのです。
何と無駄な時間と労力を使っているのでしょうか。

家族で食事を囲みながら一家団らんという目的もありますが、粗食でも十分できることです。夫や子供、家族が病気になり易く、寿命を縮める原因になる料理をわざわざ時間をかけて作る必要は全くないのです。

更に一般の家庭は全て『にがり』の多すぎる自然塩を使用した味噌、醤油を料理に使いますから、オカズをたくさん食べれば塩分も当然多くなります。
その時の腎臓や肝臓を硬化させる『にがり』の量は何百倍、何千倍になるのですから更に腎臓、肝臓が悪くなっていくのです。

上記の比較表はにがりの害のない塩で料理した場合の肝臓、腎臓に対する負担割合です。これを一般市販の塩で料理した場合は更に平均400倍くらい肝臓、腎臓に負担になるのです。こだわった海水の天日塩ですと2000倍を超える負担になるのです。

更に毎日のグルメ、お祭りのような多くのオカズで肝臓、腎臓に負担を増やしていくのです。これで病気にならないのがおかしいくらいです。肝臓は沈黙する忍耐強い臓器です。本当に悪くなるまで自覚症状もなく悪化していきます。

ご飯と味噌汁の和食が世界最高の食事です。洋食は肉や牛乳、卵など動物性のものが多く、油料理が多く、主食中心ではないので失格。
中華料理はアクの多い原料が多く、油料理が圧倒的に多く、オカズ中心なので完全に失格です。和食の粗食に勝る食は世界に存在しません。

ご飯中心の食事でご飯をたくさん食べていない人はエネルギーも不足し、甘い物が欲しくなったりします。ご飯を中心に食べている人は甘い物を食べたいという欲求があまり沸きません。ご飯という炭水化物で糖分を十分に摂っているからです。

最近の若い人や女性はオカズ中心の食事が多いので、甘いものをよく食べます。
ご飯をしっかり食べている人は甘い物よりも塩辛い漬物などが欲しくなります。

オヤツや休憩の時は塩辛い漬物とお茶の方がいいのです。甘い物、砂糖は血液を破壊していく性質があります。全く必要のないものです。今の人は砂糖中毒になっている人がたくさんいます。ご飯をしっかり食べないからです。

美容と健康のためにも、女性が美しくなるためにもご飯中心の食事に変えるべきです。血液がきれいになり、肌の美しさを左右する肝臓が健康になるので身体の中心から美しくなります。

地球環境を守り、人類の飢餓を救うためにも主食中心の食事に完全に切り替えるべきです。肉や卵、牛乳、果物、珍しい野菜などを作るためにどれだけの農地を占めているでしょうか。地球上で主食穀物中心の作付けをすると300億人分くらいの穀物が作れるのです。いかに必要ない、害になり、病気になるものをせっせと作っているか考えてみて下さい。エゴが飢餓を招いているのです。

身体に非常に害のある肉などは年に数回くらい特別の時だけたまに食べる嗜好品という位置にある食品です。毎日、肉を食べるなどもってのほかです。
肉食中心のアメリカなど、どれだけ多くの病気やガン、肥満で苦しんでいることか。

豪華な食事でないと一家団らんできないでしょうか?1杯の掛けそばでも心の交流はできます。美味しい食に慣れた欲のために、今も年間3000万人の人が餓死し満足に3食、食べられない人類3分の2の人々がいるのに。

あなたに本当の意味の良心があれば申し訳なくてご飯が喉を通らないのが普通です。私は今、自分だけが満足にご飯を食べて申し訳ない、必ず全人類が平等に食べられるように世界を変えていくからもう少し待っていてね!と念じながら食べます。

多くの人は満たされない心の空白を埋めるために食べて飲んで、心を一時的に満たそうとすることがあります。食べること、飲むことのみが楽しみになるのです。
将来に対する希望や世界的目的、夢を明確に持っておれば、毎日が楽しくて仕方なくなり、寝食を忘れて目的のために生きることができます。

食べる喜びはそのような創造の喜びからすればあまりにも次元が低いというのです。
ご飯と味噌汁だけ、ご飯と梅干だけ、ご飯と漬物だけの毎日が続いても飽きるということがありません。オカズは毎日同じだと飽きがきますが、主食、ご飯は生涯いつまでも飽きません。白いご飯は世界唯一絶対に飽きない最高の主食です。

平均的日本人が1食に必要なオカズの量は季節の野菜、大根や人参1cm角のもの2個、ワカメ3cm角のもの2枚くらい、ゴマなら5粒くらい、これで十分です。蛋白質は味噌汁で十分、カルシウムはワカメやゴマで十分です。特別に他のビタミンやミネラル、栄養を補う必要は全くありません。
現代栄養学の言う一日30種のオカズなどとんでもない過食で病気と寿命を縮める大きな原因になってしまうのです。

現代栄養学は机上の空論の典型です。この栄養学の通り長い期間実行して健康で長生きしたという人は誰もいないでしょう。もしいるとしたら、その人はどんな邪食をしても長生きする運勢を持って生まれた人と言えるでしょう。

ご飯でエネルギーを十分にとり、その上でのわずかのビタミンやミネラルを補えばいいのです。ご飯と味噌汁の素食をしばらく続けてみて下さい。
身体は快調になり、肌もキレイになり、頭もクリヤーになり、仕事の能率が抜群に良くなります。体験しない人には理解できない素晴らしいものです。

昔、遠足や山登り、畑仕事の時、塩味や梅干入りのオムスビだけでどれだけ満足したか、思い出して下さい。基本はご飯と塩という原点を忘れないでいて下さい。
食費は半分以下になりますよ。余分のお金は夢の為、世界と人類の為に使っていって下さい。

ご飯中心の素食で人生をかけた夢、地球的目的のために生涯現役で健康を維持し活躍しましょう。夢、目的が小さくあいまいだから食生活を律することも出来なくなるのです。食欲の誘惑に簡単に負けてしまいます。まずはじめに地球的大目的と夢ありきというこを心に明記して下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.