美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
人間として生かされている感謝を行動に
今日も生かされています。心臓や肺、内臓が絶え間なく動き働いてくれて生かされています。
自分で心臓を動かしている訳でもないのに一秒の休みもなく自動で血液を全身に送り、働いてくれています。食物さえ摂ればあとは自動で生きられるように設計された人間の身体は実に見事ですね。心臓は、酸素をいっぱいに含んだ血液を ポンプの作用で体中に送り出します。毎分60回 から90回収縮して血液を送り出しますが、これは1年になおすと実に4200万回以上になります。
100才まで生きると42億回以上になります。100年間も自動で働いてくれるように設計されているのです。

自分の身体を見るたびによく頑張って働いてくれているなと実感します。こんなに驚くべき人体が偶然に造られたのでしょうか。偶然とはとても考えられません。初めから設計デザインがなしには造られるものはありえないのです。
人体の構造はまさに神秘、奇跡としか言いえないものです。地球のできるまでのビッグバンの奇跡も同じですね。
46億年前に数キロメートルの小さな惑星が衝突や合体を繰り返して原始地球がうまれました。
惑星の衝突が少なくなると温度が下がり、多量に発生した水蒸気は水となり、やがて海となったのです。この地球がビッグバンで誕生したのも奇跡のような確率でできたのです。

その後、海には大量の光合成生物が誕生し、その結果、多量の酸素ができました。
そして、この酸素が大気中に拡散し、大気中の地上10キロメートルから40キロメートルにある成層圏にオゾン層が長い年月をかけて形成されました。
このオゾン層は、太陽からの非常に有害な紫外線から生物を守る役目を果たしてきました。このため、生物が進化をくり返して海から陸上へ進出することが可能になったのです。
地球は太陽からの距離がほどよく離れており、水蒸気、炭酸ガス、メタン、フロン類などの温室効果ガスの影響もあって、表面温度は15℃に保たれています。

しかし金星は地球に比べて太陽にやや近く炭酸ガスによる温室効果によって表面温度は462℃と高温になっています。一方、火星では太陽からの距離が地球より遠く、炭酸ガスの温室効果によってもなお、マイナス50℃の極寒の地になってしまいます。
金星、火星においては、生物が地球と同じように生き延びていくには厳しい環境下にあります。このように、私達の住んでいる水の惑星と呼ばれる地球は宇宙の微妙な空間の中に存在しているのです。
この美しい地球と人間は奇跡の連続の中で生まれた存在なのです。しかし、奇跡のように偶然生れたのではなく、宇宙は宇宙意思によって綿密に計画され、意図され、設計デザインされて創造されたのです。

宇宙学者のヒュー・ロスは地球が偶然に生れる確率は1/10の282乗と計算しています。
いかに分母大きくても数値上はゼロではない。偶然ではなく何等かの意思が働いていたとし考えられないのです。宇宙をきめている物理定数には重力定数、電磁力定数、強い核力の定数、弱い核力の定数、宇宙の膨張率、光の速度、宇宙の年齢、宇宙の密度、、、、など現在分かっているだけでも30以上ありますが、これらが少しずれるだけでも生命は存在しえなくなります。
全ての物理定数が「偶然に」正しい値に決まる確率は10の123乗分の1生命の存在にとって最適な宇宙が偶然にできる確立はゼロに近いというのです。

地球が誕生するより前に、人間を含む生命の生存にとって最適な物理条件が絶妙な形でセットされていたという事実は知的デザイナーが将来登場する生命を想定して、宇宙を設計し創造したということが明確に分かります。それは単に生物というだけでなく、人間を頭に置いて、最終目的にして設計構想を立てられ創られてきたのはこのようにゼロに近い確率の中で生れてきた地球、生命、人間なのです。
しかも偶然ではなく意図されてあまりにも綿密な計画の基に私達は生れてきたのです。ダーウィンの進化論は完全な間違いです。猿が進化してたまたま人間ができたのではありません。
最終目的の人間を造る為の創造過程の実験的土台になったに過ぎません。人間は生物の中でも別格の特別な存在です。宇宙デザイナーが最終目的にしていた人間だからです。自分が今この地球に人間として生まれ生かされていること自体が奇跡のような出来事なのです。

宇宙意思の最高の目的は人間です。最終目的の最高の人間を造る為に大宇宙、銀河系、太陽系、地球を何千億光年もかけて創造されてきたのです。最終目的人間は小宇宙のごとくあまりにも神秘的で驚異の構造に造られています。人体内の心臓のすごさ、肝臓、肺、胃、腸、膵臓、胆のう、目、耳、脳、手足、細胞などまさに神秘の構造、組成になっています。
細胞の構造の見事さ、ミトコンドリア、ソマチットなど人間が生きる上で必要な全てが組み込まれて私達は生かされているのです。美しい地球に生まれた感謝、美しい地球の中でも最も美しい日本に生れた感謝、美しい心を持った日本人として生かされている感謝、毎日、美味しい水が飲め、食べる物があり、美味しく頂ける感謝、治安がよく安全に生活できる感謝、このように恵まれた日本に生れた私達日本人は何と感謝すべき立場でしょうか。
この恩恵に感謝し、報いる奉仕をしなければいけない立場にいるのが私達日本人なのです。世界のきれいな水を飲めない人達、毎日食べられない人達、貧困で苦しむ人達を助けていく使命があるのです。自分と家庭を中心とした生活に明け暮れる毎日から、世の為、人の為に、世界の人達の為に今何かできるか真剣に考え抜いて下さい。

世界のことや人のことを考える余裕がない、自分の生活で精一杯という方もおられると思います。生きていくことが苦しいという病気や生活苦の試練の真っ只中の方もおられると思います。自分だけがなぜこんなに苦労するのかと思われる方もおられると思います。苦労と試練は自分の魂を磨き人間性を高める絶好のチャンスなのです。
試練をチャンスととらえる人になって下さい。 現世の肉体を持って生きている間は心を磨き、人格を高める為に与えられた期間であり、霊界に行く準備の期間です。霊界にいくまでの人生はできるだけ多くの人を愛し、世界の人類を自分の家族のように愛することができるまで人格を高めていかねばならないのです。

宇宙を貫く意思は愛と誠と調和に満ちており、全てのものに平等に働き、宇宙全体を良い方向に導き、成長発展させようとしています。世界人類は本来平等になるべきであり、生活水準も平準化するべきなのです。人類が兄弟姉妹だったら真の愛があったらお互いに助け合って生きるのが当然なのです。 人間は純粋できれいな心を持ち、世の為、人の為、人類の為という宇宙意思が本来持っている真の愛を顕現するような人生を送らなくてはならないのです。

自分のやっていることが本当に人の為、世の為になっているか自問自答する必要があるのです。自分のやれることで何か世界の平和、人類全体の幸福の為に大きな貢献をする道はないか。考えてみて下さい。小さな地域の奉仕、ボランティアなども素晴しいですが、もっと人類全体の大きな、広い世界のことに関心を持ち、世界貢献の道はないか、真剣に探ってみて下さい。人類全体を一日も早く幸福にする最短距離を選択しないといけないのです。今の地球に世界人類に何が必要か、どの分野でどのような貢献ができるか、強い思いを持ち、それを探る為に思い続け求め続けて下さい。

生涯かけて命がけでやるべき残り人生の大仕事です。

その中で人を愛する、人類を愛するという心を磨き、人格を高めていって下さい。このように地球と人類、世界の為に生きられる自分の幸運に感謝して下さい。あなたは本当に幸運です。
このような情報に出会っただけでも自分はいかに運がいいかと思って下さい。人生は心に描いたとおりになります。強く思ったことが現象として現れてきます。これが宇宙法則です。
あなたが思い描いたことは必ず実現します。 浅井敏雄         
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.