美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
電磁波は体に悪いと言われていますが本当でしょうか
携帯電話の電磁波やテレビ、蛍光灯、新幹線、パソコンなどあらゆる電気器具から電磁波が出ています。これらの電磁波は本当に体に悪いのでしょうか?
携帯電話で脳腫瘍ができたとか、アメリカなどで言われていますが、これは事実と違うのです。
電磁波の人体に与える影響はほとんどないといってもいいくらいの超微々たる害です。
たとえ毎日30分、40年間、携帯電話で話し続けたとしてもそれによって寿命が縮まるのはわずか10日にもならないのです。
高圧送電線の近くの幼稚園の子供たちにアトピーが多いというデータがあり、やっぱりこれも電磁波の影響が原因だという説が世の中に流れています。アトピーというのは体内の肝臓で処理できない毒素を皮膚表面から出している排毒現象です。
テーブルの上にあるコップ1杯にたまったジュースがテーブルを少し揺することによって ジュースがこぼれたのと同じ現象です。肝臓で処理できないいっぱいになった体内毒素が電磁波の刺激によって外に溢れ出たものと考えるべきでしょう。電磁波はむしろ体内毒素の排出を手伝い、又その存在を警告してくれたのですから感謝するべきです。


【 新建材のホルムアルデヒトは体にそんなに悪いのでしょうか?  】

新建材のホルムアルデヒトによってアトピーになった人も同じ現象です。
新築の化学合成建材によって作られた家に住む人がその臭いと化学物質によってアトピーに なったという人が出ています。しかし、ほとんど大多数の人はホルムアルデヒトによっては何も起こりません。ほんのわずかの一握りの人の体験によって新建材が病気の原因であるかのように報道されています。確かに新建材の接着剤の臭いは気持ちいいものではありません。
総ヒノキの天然の木造家屋の方が臭いも住み心地も最高です。このホルムアルデヒトは有害ではありますがそれほどの毒ではありません。たいして害のない微毒のものです。
その化学物質の刺激によって体内毒素が体表面にあふれ出ただけです。

どんな小さな外的刺激によってもアトピーになったり、病気になったりする人がいます。多くの現代人は溢れるほどの毒素を体内にため込んでいるということです。いつどんな刺激によってその毒があふれ出るか分かりません。その人達にたまった毒素の中心は魚介類よりの遅発性で最も毒性の強い除草剤としか考えられません。いくら無添加の食品を選んでも魚介類は添加物の何百万倍ですからこの除草剤(ダイオキシン)を体内に入れない工夫をしないと肝臓はいつまでもよくなりません。この除草剤(ダイオキシン)がもっとも濃縮されているのが魚類だからです。魚介類を食べるときは必ずこれらを分解してから食べてください。

アトピーも花粉症も咳も痰も微熱も鼻水も出るものは出るだけ出してあげればいいのです。体さん!一生懸命頑張って毒素を出してくれていますね!とほめて励ましてあげるといいでしょう。
体に起こる全ての現象を感謝で受け入れる考え方が正しいのです。全て本人が良くなる方向に導いてくれているのです。驚くべき人体の.自然治癒力です。全ての症状に心から感謝して甘受していくのが本来の病気に対する正しい考え方です。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.